ここではニキビを治す為に皮膚科についてのお役立ち情報をお届けしています。
【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す

【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す



【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治すブログ:17-09-06


減量に励んでいても
「体重が落ちなくなった…」
ということは誰にでもあります。

ここで多くの人がやってしまうパターンが、
さらに摂取カロリーを減らしてしまうことです。

これをやってしまうと、
代謝も極端に低下して、よりからだの脂肪が落ちなくなります。
摂取カロリーを減らしすぎるのは
減量には逆効果になるので、
絶対にやってはいけません。

からだの脂肪が減らなくなる一番の原因は、
からだが摂取エネルギーの減少に適応してしまうことです。

なので、
ご飯の摂り方に変化をつけることが
減量効果を上げるのです。

多くの人は、
摂取カロリー量を制限する場合、
「減らすこと」しか頭にありませんが、
実は「増やすこと」が大きなポイントとなります。

例えば…
一日1500キロカロリー食べている場合、
一週間のうち2日間、
摂取カロリーを200~300キロカロリー程度増やします。

この時、
炭水化物でカロリーを増やすのがポイントとなります。
おにぎり1~2個程度のごはんを
いつもより多く食べるようにするのです。

2日間、炭水化物でカロリーを増やしたら、
またもとのカロリー量に戻します。

5日間は1500キロカロリーで、
2日間は1800キロカロリー摂る、そしてまた1500キロカロリーに戻す。
このようなサイクルで食事を摂ります。

こうしてカロリーを増減したご飯を行うことで、
エネルギー・レベルを高く保つことができるので
炭水化物を常に制限している場合よりも、
速いスピードでからだの脂肪を落とすことができるのです。

減量ではカロリーを「減らす」だけではなく、
時には「増やす」ことも重要なポイントとなるのです。

【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す

【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す

★メニュー

【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す
【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療
【お役立ちガイド】皮膚の手術をすることで簡単にホクロ除去
【お役立ちガイド】理想的な豊胸を求めているなら町田の美容外科
【お役立ちガイド】クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療
【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科
【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている
【お役立ちガイド】皮膚のたるみを改善するポラリス
【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)注目されている豊胸を大公開☆美容ガイド