ここではニキビを治す為に皮膚科についてのお役立ち情報をお届けしています。
【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す

【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す



【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治すブログ:16-02-15


文化鍋でごはんを炊くと…
コトコトと鍋の音がしてきて、
なんともいえないいい匂いが立ち込める…

わたしはこれがたまらなく好きです。

よくいろいろな人が出入りする家庭で、
わたしは育ちました。

ときどき自宅の庭で薪を使って
1升くらいのごはんを炊くことがあったのですが、
そういう時は決まって近所の人たちにおすそ分け。

お母さんは五目ずしやお赤飯など
大きな飯台に大量に作ってもみんなに配ってしまって、
わたしたちがいざ食べようとすると
「あれ、これしかない」などということが多々ありました。

お正月には我が家で餅つき。
餅をつくのはパパ、合いの手はお母さん。
もち米を白蒸しにした出来立てを塩むすびにしてもらいました。

他にも餡ころ餅や、節分には青ノリを入れてついたなまこ餅、
ひな祭りの菱餅づくりなど…
1年で3~4回のお餅つきは恒例行事。

なので
我が家のごはんというと…
薪で炊くごはんの匂いや、
白蒸しにした餅のイメージが鮮明に思い浮かぶんです。

「おはぎとけんちん汁」
これがお母さんの定番メニューでした。

おはぎを大量に作り、
あとは鍋いっぱいにけんちん汁が作ってありました。

幼い頃ドロンコ遊びの気分で、
おはぎ作りを手伝っていたわたしですが、
実は、この組み合わせが嫌いだったんですよね。

でもなぜか、お母さんの味といって思い出すのは
やっぱり「おはぎとけんちん汁」。

不思議なものですねぇ~
他にも作ってもらった物はたくさんあるはずなのに…
おはぎとけんちん汁ばかり覚えているのです。

味がどうのこうのというより、
それを食べるとお母さんを思い出す、
それがおふくろの味なのでしょうね!
【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す

【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す

★メニュー

【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す
【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療
【お役立ちガイド】皮膚の手術をすることで簡単にホクロ除去
【お役立ちガイド】理想的な豊胸を求めているなら町田の美容外科
【お役立ちガイド】クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療
【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科
【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている
【お役立ちガイド】皮膚のたるみを改善するポラリス
【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)注目されている豊胸を大公開☆美容ガイド