ここではまつげエクステの種類についての情報をお届けしています。
【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている

【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている



【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されているブログ:17-11-10


家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪

シェイプアップ中は、
おやつは控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ~?

で、わたくしは考えてみました…

「おやつを食べたーい!」という人の頭の中は
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、ウエストが空いていなくても、
おやつのパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
おやつを食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「おやつ」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
おやつのパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分のウエストを写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もおやつのパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「おやつ」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
おやつのパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?

【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている

【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている

★メニュー

【お役立ちガイド】皮膚科や美容クリニックへ通ってニキビを治す
【お役立ちガイド】何回か美容クリニックに通う必要のある皮膚のしみの治療
【お役立ちガイド】皮膚の手術をすることで簡単にホクロ除去
【お役立ちガイド】理想的な豊胸を求めているなら町田の美容外科
【お役立ちガイド】クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
【お役立ちガイド】キレイな皮膚作りを実現させたいならほくろをレーザー治療
【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科
【お役立ちガイド】まつげエクステには様々な種類が提供されている
【お役立ちガイド】皮膚のたるみを改善するポラリス
【お役立ちガイド】かんぱんは皮膚に生じる頑固なシミの一つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)注目されている豊胸を大公開☆美容ガイド